マーケット

ドル円 vs. 米国債Tbond

【著者】

jpy0725
データ:ジェネシス社 米国債Tbond先物、ドル円、比較指数

ドル円は110円台に入って一服感が強くなっています。
米国債Tbond先物と比較しても、ドル円は割安になってきています。これまでも米長期金利の動向に米ドルは敏感に反応しています。FRBの金利政策にドルが反応しているようです。

FOMCの開催が目前に迫っていますが、今回、政策金利の引き上げを支援する材料がないため、これ以上の長期金利の上昇は見込めないでしょう。

2年と10年米国債のイールドスプレッドも正常化してきていますので、ここからドル円も米国債市場も夏休み入りすると思います。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者