予想・見通し

ドル円

【著者】

jpy0128 (1)データ:ジェネシス社 ドル円、米国債10年利回り指数

日銀による残存5年超~10年以下の国債買い入れ増額を受けて、円売り・ドル買いの流れが継続。また、トランプ米新政権による景気刺激策への期待からドルの先高観も根強く、引き続きドルに買いが入りやすかったもようだ。

注目すべきは、米国債10年利回り指数が下降しているなか、ドル円は上昇して引けている点だろう。2016年10~12月期の実質GDP速報値が季節調整済み年率換算で前期比1.9%増と、前期の3.5%増から鈍化。このため、米国債の買い戻しが活発化した。

月末月初は米雇用統計が話題の中心になるため、一方的なドル高とはならないだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者