ドル円

jpy0327データ:ジェネシス社 ドル円、米国債10年利回り指数

オバマケア代替法案の撤回でトランプ政権の経済運営への不透明感は強く、リスクオフによるドル売りが優勢になっている。

通常、米国債10年利回り指数をドル円が追う形になっているが、ここまでドル売りが先行している。米国債10年利回り指数は前回の安値圏を下にブレイクしていない。

jpy0327_2
データ:ジェネシス社 ドル円、フィボナッチ

111円台に多くのサポートポイントが存在していた。そのため、111円をクリアできないでいたドル円だったが、アジア時間にドル売りが優勢となり、108円台を目指す動きになっている。

しかし、注目すべき点は111円台がレジスタンスになっているかである。ドル円は米国債と比較してもかなり割安になっている。ドルの買い戻しが入ってきて111円台を上にブレイクしないと、108.44円から107.87円を目指してドル安に進むだろう。

まだ円高局面に入ったとは言えないと思う。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者