マーケット

ダウ工業平均|6/24

【著者】

マーケット情報|2014/06/24

NY株式相場はまちまち。発表された住宅関連指数への反応は限定的となり、高値警戒感による利益確定売りが上値を抑えた。
ダウ平均は前営業日比9.82ドル安の16937.26ドルで終了した。
NASDAQは前営業日比0.64ポイント高の4368.68ポイント、S&P500は前営業日比0.26ポイント安の1962.61ポイントで終了した。

dow2
データ:ジェネシス社 ダウ、ADX、ストキャスティックス

テクニカル分析から、プライスとインディケーターとの間にダイバージェンスが確認できる。
前回書いたが月足ベースの分析でも、ダウはレジスタンスゾーンに突入している。トレンドは上昇を維持しているが、買いモメンタムが薄れている。ロングポジションをヘッジする動きがより活発になるだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者