今夜注目のECB会合とドラギ会見!“ドラギ配当”でドル買い加速!?

日米欧通貨当局にとって「三方よし」のマーケット環境

東京時間1日午前11時頃、拍子抜けとも言えるような勢いで110円台を突破したドル/円相場。
その前に発表された日銀短観は言うなれば可もなく不可もない結果だったものの、9月・中国PMI製造業が事前予想よりは改善されていたという追い風があったのも事実ですが、現在の為替相場については、以前のような材料ごとのディティールで動くというよりは、大局観で動いていると見るべきです。
その大局観のベースとなっているのが、日米欧の金融政策スタンス。
今月のQE(量的金融緩和)終了を見据える中、景気(=株価)の下落を避けるために是が非でもドル安・米国債安(=米国債の金利上昇)は避けねばならないという至上命題の下、緩やかなドル高を望むFRBに対して、更なる通貨安(ユーロ安・円安)を望むECBと日銀という構図。
現在の相場環境は、言わば日米欧の通貨当局にとって「三方よし」の状態となっていることを理解することが、相場の大きな潮流を掴む上で非常に重要。
その“コントラスト”が明確な環境下では、あえてその潮流に逆らう必要はありません。
ドル/円はやや下押しの動きも見られますが、これはあくまでも“ガス抜き”程度と捉えるべきで、やはり喫緊のポイントは、2008年8月に付けた110.66円というのは衆目の一致するところ。
今夜のECB会合と、それに続くドラギECB総裁の定例会見に耳目が集まりますが、「QE」というキーワードが発せられない場合の“ドラギ配当”、つまりユーロ売り・ドル買いの加速度合に注目したいところです。

m2j

マネースクウェアプラスPROJECT 第1弾
トルコでトラリピ!トラップでトルコ!トルコリラ/円特設ページ

http://www.m2j.co.jp/landing/tryjpy/?adid=hp00335&p=home

土日で学ぶFX!全国セミナープロジェクト2014・福岡セミナー[基礎編]
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2301
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(テレビ)
日経CNBC「FXマーケットスクウェア」(月~金 20:00~20:05)

http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金16:00~16:45)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント|比嘉 洋様 ご寄稿記事

津田 隆光|マネースクエア 市場調査部 チーフアナリスト

津田 隆光

NTAA認定テクニカルアナリスト(CMTA)。 テクニカル分析をベースとしたレポートを執筆する他、ラジオNIKKEI「ザ・マネー ~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」ではコメンテーターを務める。