E-mini S&P500先物

【著者】


データ:CME FED Watchより

FOMC後の声明を受けて、12月に利上げというスタンスがより明確になってきています。0.25%の引き上げと予想が56.6% から70.5%に上昇しています。想定範囲内とみているアナリストが多くいる一方で、12月の利上げは50%を少し超えるだけでした。

このような市場参加者のセンチメントが強く市場に影響をもたらしています。
ビックデータを活用した運用が進む中、トレンドよりもセンチメントの変化をビックデータから読み取る運用社がかなり増えています。


データ:ジェネシス社 E-mini S&P500先物、%R

米株式市場の先行きを楽観している投資家が多いのですが、Eミニの上昇モメンタムが薄れてきています。インサイドバーを形成しただけではなく、引き続き、短期%R とプライスとの間にダイバージェンスが出現しています。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

幅広いマーケットから相場を読み解く! 成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者