マーケット

イースター中の雇用統計は逆張り?

【著者】

本日は雇用統計ですが、イースター休暇とグッドフライデーが重なっていて、市場参加者が極めて少ない状態です。

本日のドル円の値動きを見ても分かるように、119.60円-119.78円と僅か17銭しか動いていないという流動性の無さとなっています。

■3月雇用統計データ:予想、前回値
失業率      :5.5%      5.5%
非農業部門雇用者数:24.5万人増 29.5万人増
平均時給     :+0.2%     +0.1%
労働参加率    :62.8%     62.8%

相変わらず、昨年末から高い非農業部門雇用者数となっているにもかかわらず、市場予想は24.5万人に留まっています。

細かく見てみると、失業率で一番の強気はJPモルガンの5.4%
弱気はモルガン・スタンレーの5.6%

非農業部門雇用者数の方は、強気がJPモルガンとBNPバリパの26.0万人
みずほ総合研究所は28.0万人から20.6万人まで見通しを下方修正しています。
弱気がモルガン・スタンレーの19.5万人となっています。

やはり、水曜日に発表されたADPが市場予想の22.5万人増を大きく下回る18.9万人増となり、昨年1月以降の低い伸び率だったことが大きく影響しているようです。

これで、マーケットは下方向へのリスクは備えていることになりますので、サプライズとしては円安方向でしょう。

ドル円120円には大きめのオプションがまだ残っているということで、これが大幅下落を阻んだ模様です。

以上のことから、良い結果となれば一旦上方向へ素直に上昇しそうです。

しかしながら、イースター休暇中とあってNY株式市場も休場となっています。さらに、市場参加者が少ないことから、ポジションを取った参加者も早めに利益確定したいというところ。
30万人以上などというかなりのポジティブサプライズとならない限り、発表後少し経てば自然とポジション調整が起きると考えられます。

テクニカル的な目途としては、単純に直近の高値120.40円、安値は119.00円がポイントになりそうです。

0403ドル円1H

短期的には小さな三角保ち合いを形成しており、まさに雇用統計に向けて動きづらい展開というところですが、レンジブレイクしたとしても不発に終わると考えたいところです。

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」