すでにイースター休暇モード

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/17

小動き続く可能性が高い

今度の日曜日4月20日は、キリスト教において最も重要な祭りと言われる復活祭(イースター)の日です。

イースターは春分の後の最初の満月の次の日曜日と決められていますので、毎年日付が変わります。また西方教会(ローマ・カトリック、プロテスタント、聖公会など)と東方教会(ギリシャ正教など)では使用しているカレンダーが異なる為に、イースターの日付が異なる年が多いのですが、今年は両者とも4月20日です。

キリスト教の祭りの時はクリスマスもそうですが、多くの国が同時に休日になるので、取引きも閑散になります。

今日から北欧諸国などは休日になり、アメリカは平日ながら債券取引きが短縮取引きになります。明日金曜日はほとんどの主要市場が休場になります。アメリカだけちょっと特殊で、休日ではないため為替市場はオープンします。ただ、NY証券取引所や、シカゴの先物取引所は休場です。そして来週月曜日も欧州などの主要市場は休場です。

アメリカはご紹介したように公的な休みはないのですが、欧州市場が休場になることや、家族が集まるイベントということから、休暇を取るディーラーが多く、NY時間も取引きは閑散となります。

ドル円は昨日の海外時間からすでに休暇モードで小動きになっていますが、来週の火曜日まではこのまま102円を中心とした狭いレンジ取引が続く可能性が高いと考えられます。

ただ、もしなんらかの大きな材料がでた場合は、市場参加者が限定されている分逆に大きく動く事もあるので、ストップ・ロスの管理などには注意してください。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト