日銀追加緩和を簡単に解説!<投資チャンス到来>

「黒田バズーカ」の第二発目:日銀が追加緩和を発表

2014年10月31日 日銀が追加金融緩和を発表しました。
昨年4月に「黒田バズーカ」と言われた量的・質的金融緩和の第二弾です。

これを受けて株式・為替・商品先物などなど、大きく上昇していますが、
まず状況を整理するためにここで日銀追加緩和の内容を整理しましょう。

追加緩和1:マネタリーベース増加額の拡大

(日銀HPより抜粋)
マネタリーベースが、年間約80兆円(約10~20兆円追加)に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。

(解説)
マネタリーベースとは日銀が発行する日本円の供給量のこと。
つまり「世界中の日本円を足した総量」のことです。

昨年4月にこの供給量を増やすと言う発表を行いましたが、それを更に上昇させると言うのです。

大量の円が市場に出回ることになりますので需要と供給の関係で当然円安になること繋がります。
円安になると言うことは日本株もドル円などの為替も金などの商品などなど、、つまり日本の円で購入するのもの物価が上がるということになるのです。

追加緩和2:長期国債買い入れ額の増大

(日銀HPより抜粋)
長期国債について、保有残高が年間約80兆円(約30兆円追加)に相当するペースで増加するよう買入れを行うOただし、イールドカーブ全体の金利低下を促す観点から、金融市場の状況に応じて柔軟に運営する。買入れの平均残存期間を7年~10年程度に延長する(最大3年程度延長)。

(解説)
上の通り「国債の買い入れ額を30兆円分、更に追加する」ということです。

日本国債を買い入れる=国債金利が下がる=日米金利差が拡がる=更に円安に進む

↑に繋がります。

当然確実になるわけではありませんが、つい先日米国が金融政策を終了したばかり。ドル高と円安を両国の中央銀行がほぼ同時に発表したということですので実現の可能性は高いと思います。

追加緩和3:ETF、J-REITの買い入れ増額、日経400の買い入れ開始

(日銀HPより抜粋)
ETFおよびJ-REITについて、保有残高が、それぞれ年間約3兆円(3倍増)、年間約900億円(3倍増)に相当するペースで増加するよう買入れを行う。新たにJPX日経400に連動するETFを買入れの対象に加える。

(解説)
ETFは上場されている投信のことで様々な株をミックスしたもの。
J-REITはETFと同じく上場されている投信ですが、特に不動産を対象としてミックスしたもの、、、です。

上記の買い入れ額をどちらもこれまでの3倍にするということです。
額で言うとETF:3兆円/年、J-REIT:900億円/年です。

更に日経400のETFも新たに買い入れる対象のETFとして含むとのことで、株式市場に大きなカンフル剤になります。

※詳細は日銀HPの発表をご覧ください※
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2014/k141031a.pdf

これでどうなる?金融市場

どの発表も株高・円安につながるもので増加額もタイミング的にも非常にインパクトが大きい発表になりました。

今回の発表により「景気回復の遅れに伴う日本株の停滞」や「円安へ政府が危惧を持っているのではないか」と言う不信感を一気に払拭した印象です。

外国人投資家もおそらく今回の発表で日本株市場を再評価するものと思われます。株式市場も為替市場も『アベノミクス第二幕』に突入したと言っても過言では無いのでは、、と思います。

一昨年の「アベノミクス第一幕?」では約半年を掛けて日本株は約8,000円から倍増、ドル円は70円から100円に到達しました。

アベノミクス第一幕で投資を始めずに儲け損なった皆様、さあ投資を始める大チャンスが再びやってまいりました!

みんかぶでは初心者の方にオススメのネット証券会社、FX会社を専用ページでご紹介しています。

まだ口座をお持ちで無い方はぜひご覧ください。

【株を始める方はこちら:ネット証券比較サイト】
http://minkabu.jp/hikaku/

【FXを始める方はこちら:FX会社比較サイト】
http://fx.minkabu.jp/hikaku/

みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!