実効為替レート

【著者】

実効為替レートとは、外国為替市場で通貨の総合的な価値を示すレートのことをいいます。

例えば、ドル円の場合はドルが円に対して強いか弱いかを示していますが、対ユーロではどうか分かりません。
ドルに対して円高でも、ユーロに対しては円安であれば一概に円が強いとはいえない場合もあります。

このように、特定の通貨ペアのレートを見るだけでは分からない通貨の総合的な強さを指標化したものが実効為替レートとなります。

実効為替レート
出典:Thomson Reuters Datastream、JP Morgan

算出方法

日本円の実効為替レートは、日本銀行が国際決済銀行(Bank for International Settlements、BIS)公表の実効為替レートを利用して算出しています。

なお実効為替レートには、名目実効為替レートと、実質実効為替レートがあります。

参考:日本銀行HP

名目実効為替レート

主要な貿易相手国や地域の通貨の為替レートの変化率を貿易額に応じて加重平均し、指数化したものです。

実質実効為替レート

名目実効為替レートをインフレ率で調整したものが実質実効為替レートです。
これは通貨の対外競争力がインフレ動向によって変化するためです。