今夜は雇用統計

【著者】

昨日はECB理事会、ドラギ総裁の会見に注目が行われました。結果は政策金利は市場予想通り据え置きとなりました。注目されたABS、カバーボンドの購入プログラムに関しては具体的な金額についての発表は行われず今月半ばからカバーボンドの購入を開始、第4四半期からABSの購入開始とざっくりとした内容にとどまり、さらにドラギ総裁の会見では国債購入に関しての言及がなかったことから、マーケットではハト派色が薄いととられたのかユーロは上昇となりました。
ドラギ総裁の会見前に発表された米国の新規失業保険申請件数は市場予想を下回る強い結果となり引き続き安定感を示す内容となりましたが市場の目はドラギ総裁の会見に向いていたこともあり相場への影響は限定的なものに留まっています。米国株式市場は前半大きく値を下げ前日に続きリスク回避色の強い状態となりましたが、後半に挽回となりリスク回避の巻き戻しの動きが強まる展開となりました。
米国債利回りは前日の下落から反発し10年債は2.4%台を回復する動きとなっています。

スクリーンショット-2014-10-03-9.27.09

【主要通貨ペアの推移】

ドル円はアジア時間はストップを絡め108円台中盤まで下落後、ECB理事会、ドラギ総裁の会見を控えたユーロドルの下落に押し上げられる動きとなりました。その後はユーロドルの反発、株式市場が下値を探る動きとなったことから下落スピードが加速し108.00付近まで下落する展開となりました。米国時間午後に入ると下値を探っていた株価は反発に転じ、プラス圏内を回復するような動きとなると今度は反発に転じ現在も底堅い推移を続けるという忙しい動きとなっています。
本日は今週のメインイベントともいえる米国の雇用統計が予定されています。結果次第では大きく上下にブレることが予想されるため注意が必要です。今週に入り、多少のポジションの調整は入ったものの依然としてドル買いポジションに傾いている状況であることから弱い結果となったときの下落には警戒したいところです。

スクリーンショット-2014-10-03-9.00.41

ユーロドルは、ドル買いの巻き戻し、昨日のドラギ総裁の会見を受け反発に転じていまが上値も重く1.27台の回復は未遂に終わりました。昨日の動きからもユーロ売りのポジションが相当数溜まっていたことが予想されることから、本日も節目を上抜ける動きとなった際のショートスクイーズには注意したいところです。
まず意識されるのは昨日上値を抑えた1.27でこのラインの上にはそれなりのストップ買いが溜まっていることが想定されることから近づいた際には警戒が必要です。

スクリーンショット-2014-10-03-9.01.43

ユーロ円は上値の重い推移が続いたものの137を少し割り込んだところがサポートとなり反発に転じています。依然としてドル円とユーロドルの綱引き状態のため方向感の掴みにくい動きとなっていますが長い下ヒゲを残したことから、反発の兆しも見え始めています。

スクリーンショット-2014-10-03-9.01.11

ポンドドルはMPC委員の利上げは時期尚早とのコメントや対ユーロで重い推移となったことから上値の重い推移が続いています。昨日サポートとなったのは1.611付近で割り込むと更なる下落余地が生まれると考えられますが本日は英サービス業PMI、米雇用統計と大きなイベントが続くことから、イベントの結果に左右される難しい相場展開になると予想されます。また、7連続陰線となっていることから売りポジションもそれなりに溜まっていることが想定されることから反発に転じた際には注意が必要です。

スクリーンショット-2014-10-03-9.02.06

豪ドルは長い下ヒゲを残したあと反発に転じ0.88を挟む攻防を続けています。しっかりとこの0.88の上で推移することが出来れば直滑降で下落してきたことから、反発地合いがさらに強まる可能性が高まります。

【本日の注目材料】

本日は欧州時間に各国のサービス業PMIの発表が予定されていますが、後ろに米雇用統計が控えていることもありインパクトは限定的になると予想されますが、英サービス業PMI はポンドへのインパクトが大きいため一応注意が必要です。
米国時間はな何と言っても米国雇用統計に注目が集まります。前哨戦のADP雇用統計、週間の新規失業保険申請件数も安定推移を続けていることから大崩れは想定しにくい状態だと思われます。また、前回、非農業部門雇用者数変化の伸びが落ち込んだことから、上方修正があるかどうかにも注目が集まります。ここのところドル買いに多少調整が入ったことから良好な結果となったときの伸びしろは多少のこっていると思われますが、依然としてドル買いに大きく傾いていることから微妙な結果となったときはドル買いの巻き戻しが再燃する可能性もあるため注意が必要です。

【本日の予定】

09:00 ブラード米セントルイス連銀総裁(投票権なし)講演
10:00 中国9月非製造業PMI
16:50 仏9月サービス業PMI(確報値)
16:55 独9月サービス業PMI(確報値)
17:00 ユーロ圏9月総合・サービス業PMI(確報値)
17:30 英9月サービス業PMI
18:00 ユーロ圏8月小売売上高
21:30 米9月雇用統計
21:30 米8月貿易収支
21:30 加8月貿易収支
22:45 米9月マークイット総合・サービス業PMI(確報値)
23:00 米9月ISM非製造業景況指数

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト