ユーロ|9/2 

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/09/02

ユーロドルチャート分析

ウクライナ情勢と域内の低インフレに絡むユーロ圏成長へのリスクを背景に、欧州中央銀行は、ある時点で追加緩和実施を余儀なくされる可能性があるとの声が多く聞かれる。

eur
データ:ジェネシス社 ユーロ、フィボナッチ

テクニカル分析から、ユーロの対ドルは下降トレンドが一層強まっている。予想どおり、薄いサポートゾーンを下に切った。次に、1.29072から1.27870のサポートゾーンがひかえている。1.28台で下げ止まらないと、より売り込まれていくだろう。
先行して欧州の株市場が下げていたこともあり、ファンダメンタルメルズの面からもユーロを買う理由が見当たらない。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

幅広いマーケットから相場を読み解く! 成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者