ユーロドルは美しいラインをすぱっとブレーク_2014年1月6日

WS000007
                     ユーロドル日足チャート
今回の11月からの上昇局面で、
新たな上の芽がでたかどうかを判断するラインは、
(現状のドル円のように、)
そのラインできれいにとまるかきれるかというぴったりのラインでなく
(右上がりの上のピンクとオレンジの2本のライン)、
その意味で判断が難しいところもあった。

1/2の下げにおいては、
何度も下を支えてきたラインが引け=美しいライン!(下のピンクのライン)、きれいなブレークとなった。

ブレークに際しては、
ブレーク後、ラインの上にもどることなく、
ラインを切れたかどうかを迷って買戻しを考える必要も生じず
    ”最高の入り口”となった。

みな、大枠のことばかりをあれこれ言うが、
常に大事なのは細かいところでどうしたらいいかの判断で、それが勝敗を左右する。

今日のワンポイント: 迷いの少ないであろうところを狙う。

(現状は、時間足の強め配置から反発の動き。)

(時間足については、
どっとコム社のわたくしのレポートと、「レポートの見方」参照。
==============================
*ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================

<関連リンク>
高野由美子のドル円レポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
  口座開設は→コチラ

*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。http://ameblo.jp/yumiko3035/

高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。