ユーロドル 2015/09/08

eur_20150908
データ:TradeNavigater

リスク回避時にはユーロドルは上昇傾向にあったが、中国株次第でユーロ単体では動きが取れない状態。

先日のECB理事会では緩和方針が確認され、ユーロの先安感もあるが、バリュエーションモデルから、中立な位置付け。言い換えると、レンジブレイクする前の状況が整っているため、ユーロから目が離せない。

方向性が定まってから取引を開始するべきという意見もあるが、これからトレンドが確立する横ばいからのブレイク時ほどリスクは限定できることも希。

実は、ユーロFXに限らず、金、そして、原油も同じような状況にある。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者