不沈空母ユーロ伝説再び・・・。

【著者】

FXマーケット情報|2014/06/17

昨日はイラク情勢の悪化を受けてリスク回避的な流れが強まり、円をはじめとする安全資産の需要が高まりました。
米国時間に発表された米国鉱工業生産、NY連銀製造業景況指数、NAHB住宅市場指数はいずれも市場予想を上回る好結果となり米国株式市場は底堅さを見せるものの上値も重い状況、米国10年債利回りは引き続き2.6%を挟んだ攻防を続けています。
昨日目立ったのはこれまで上値の重い推移が続いていたユーロの底堅さでした。ポンドが1.7トライに失敗したことから対ユーロで失速、先週対ユーロで強かったオセアニア通貨も対ユーロで売りが強まり、対ドルでもストップ買いを次々とヒットし上値を追う動きとなりました。昨年から幾度とユーロ売りを仕掛けたプレイヤーを弾き出してきた不沈空母ユーロのショートスクイーズがまたしても炸裂といったところでしょうか。

0617ny

【主要通貨ペアの推移】

昨日のドル円は小動きで方向感のない動きがつづきました。強い米国経済指標に対してイラク情勢からのリスク回避の円買いで挟まれているような状況でしょうか。テクニカル面でも保ち合いの中段での推移となり方向感を見いだしにくい状況が続いています。

0617usdjpy

ユーロドルは底堅い推移となりECB理事会前にサポートとして踏ん張った1.3585近辺まで迫る動きとなっています。このラインを上抜け1.36台回復となると更なるユーロショートの絞り出しとなる可能性も考えられ神経質な展開が続きます。サポートは現在1.35−1.352のゾーンが強く意識され、このゾーンを抜けると大崩れというシナリオも想定できます。

0617eurusd

ユーロ円はサポートとして意識された138円台を割り込む推移となった後は堅調推移となっています。138円割れはダマシとなったことから更なる上昇余地も残ると考えられます。まずは直近の高値である140.00近辺が強く意識されます。

0617eurjpy

ポンドドルは一瞬1.7を上回る推移となったものの失速となりました。さすがにこの重要な節目を簡単に上抜けることは難しそうです。本日は英国消費者物価指数の発表が予定されており、強い推移となると再度の1.7トライとなるかもしれません。ただし、経済指標で跳ねた場合は戻りもそれなりに早い可能性もあるので発表前後の動きには注意したいところです。第一のサポート候補と考えられるのはレジスタンスとして上値を数回抑えている1.692近辺が意識されると予想されます。

0617gbpusd

豪ドルは保ち合いこそ上抜けたものの4月の高値を上抜けることができず小動きながら上値の重い推移となっています。底もそれなりに固いことから大崩れには至らず方向感を見失った状況となっています。
先ほど発表されたRBA議事録では「緩和的な政策が当面適切」「商品相場安を考慮すれば豪ドルはなお高め」「インフレ率は目標の範囲内にとどまる見通し」などが示され発表後は豪ドル売りが進む展開となっています。

0617audusd

【本日の注目材料】

本日は欧州時間に英国の物価指数の発表と独ZEW景況指数の発表が予定されています。早期利上げ観測の強まっている英国で物価指数が強い結果となるとポンドの強いサポート材料となると考えられます。ドイツZEW景況指数はECBの追加緩和効果の恩恵から強含む可能性が高いと考えられることから逆に弱い結果となったときのインパクトは大きいかもしれません。
米国時間には消費者物価指数、住宅着工件数の発表が予定されています。低水準での推移が続く米国消費者物価指数も英国同様、強い結果となると早期利上げ観測へとつながりドルのサポート材料となると予想されます。また、3ヶ月連続で増加となっている住宅着工件数も好調をキープできているかに注目が集まります。
本日は、明日にFOMCの発表を控え、様子見モードが強まる可能性も高いと思われます。また、昨日同様にイラク情勢、ウクライナ情勢からの地政学リスクにも引き続き注意が必要です。

【本日の予定】

10:30 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録(6月3日開催分)
12:45 日20年債入札
17:30 英5月消費者物価・小売物価・生産者物価指数
18:00 独6月ZEW景況指数
18:00 ユーロ圏6月ZEW景気期待指数 
21:30 米5月消費者物価指数 
21:30 米5月住宅着工件数・建設許可件数

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
[world cup]
[vertiul trade]

佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト