マーケット

ユーロドル短期で調整示唆!? 下落継続も数日は調整局面入りか?

【著者】

先週の記事は如何でしたでしょうか?
ここ数週間に渡って、かなり上出来に予想出来ております。

トレードも順調に推移しており、調子がいい時はトコトン相場の流れとリズムがマッチしますので、ぜひご参考ください。

まあ、そのうち外しますのでご了承ください、と保険的発言も付け加えておきます(笑)

さあ、市場は変わらずユーロドル主導相場です。
金融政策の思惑が真逆のため、まだ当分はドル円よりはユーロドル優先したほうがトレード結果は良くなるのではないでしょうか?

ユーロドル4時間足分析

ユーロドル4時間足4時間足でようやく調整色が濃くなってきました。

来週は米国の感謝際もあり、一旦ポジション手仕舞いも出てくると思います。

12月3日のECB金融政策決定会合に向けて、徐々に準備をしていくのではないでしょうか。

調整波と僕は論じているのですが、結構得意のパターンです。
移動平均線50を上抜けてきました。

前回は綺麗にサポートされまして、今回はセカンドトライで抜けて推移してきています。

2回目、3回目のトライで上抜けは、調整の合図ですので、確率的には高めです。

RCI26線も完全に上向きになりましたので、僕は今週からポジションを大きく減少させました。戻り売り待ちです。

日足で戻りの目途を考える

ユーロドル日足日足で戻りの目途を考えてみましょう。
長期トレンドの調整ですので、ターゲットは最悪を想定して考えたほうが良いです。目線を大きくしてみます。

水平ラインを引いてみました。

最安値が1.0615近辺、際立った山と谷は1.0830近辺と1.0895近辺です。

1.09まで超えてしまうと、下落トレンドすら否定されてしまう可能性がありますので、あまり考えにくいです。

ECBの日より前に上に抜けることはないと思っておりますので、それを前提にプランを構築したいと思います。

戻りの目途は、まず1.0830をバックに再ショートをゆっくりと構築していきたいと思います。4時間足の直近高値は1.0760ぐらいでしたので、ここをバックにショートと1.08の心理的節目をバックにショート、そして、1.0830をバックショート。

3回に分けることを想定してポジションのバランスを配分していくのがベストではないでしょうか。その際は、1時間足などで縮小させて各個人のテクニカル分析をして頂ければと思います。

最終的には下ですが、相場は想像をはるかに超えて動きます。
これを肝に命じて、トレードして頂ければ、ラッキーなポイントでショートできるかもしれません。

じっくり腰を据えてトレードしていきましょう♪

ブログはコチラ↓↓ FXや株など幅広いネタで毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

[YJFX-ad_468.60]

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン