「ユーロドル↓×ドル円↑=ユーロ円→」

【著者】

広がるQE観測

明日ECB理事会が予定されています。前回会合で決定した資産担保証券ABS)とカバードボンドの買入詳細が発表される予定となっています。9月18日に打ち出したTLTRO(長期資金供給オペ)についても不発であったことから、市場ではQE(国債買入)に踏み込まざるを得ないとの観測が広がっています。私はその可能性が高いと考えていますが、その理由は以下のチャートで示されている5年先の期待インフレ率の低下です。

<資料>期待インフレ率推移
ユーロ

出所:Bloomberg

ドラギ総裁は8月のジャクソンホール会議でこの数値が2%を下回っていることに言及、9月上旬にかけて2%を回復する場面が見られましたが、その後は低下の一途、現在は過去最低の水準(1.90%)に接近している状況を考えると、年内のQE実施は避けられない可能性が高いと言えそうです。この動きはユーロ売りの材料であるわけですが、別の言い方をするならば、米ドルの買いトレンドをサポートすることを意味するとも言えます。対ドルでのユーロ売りトレンド、一方で、ドル円の凄まじい買いトレンド、結果、ユーロ円は135~140円での揉みあいが続くのではないでしょうか。

マネースクウェア プラス PROJECT第1弾「トルコリラ/円」の取扱いがスタートしました!
http://www.m2j.co.jp/landing/plus_pj/

当社提供番組(テレビ)
日経CNBC「FXマーケットスクウェア」(月~金 20:00~20:05)

http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/
→今月より、時間帯が変更となります。

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事

比嘉 洋|マネースクエア シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!