マーケット

アジアでは上値が重たかったが、海外時間にもう一回上値トライへ

【著者】

【今夜のトレード戦略】

今日の相場は変に朝方下値が固くなって、10時過ぎに120.50越えを突っかけたため、市場参加者の目線がドルブルとなって120円台35-40が買いに見えてしまったように思います。

実際になかなか崩れず午後2時過ぎにも120.50台を擦っていたように、欧州勢が入って来たらもう一回120円台後半まで試すのではないかと思わせるような動きでした。

しかし120.40をクリアに割り込んだらそのまま下で夕方5時には120.125と安値をタッチ。上を買った連中の軽い投げを誘ったようです。全般的に小動きながら、現状は上値が重たい展開となっています。

テクニカルでは、日足の雲上限が120.674、200日移動平均線が120.876、一方 日足雲下限が120.394、21日移動平均(ボリンジャーバンドセンターライン)120.215にあり、この近辺で揉み合いとなっています。

119円台の固さはしっかりしておりドル円は押し目買いして、120.45-50ゾーンで利食いするようなイメージで買い先行。買い場としては120.15、120.05をイメージしています。
ストップは119.80割れで。今日はあまり長く引っ張らずに利食いできるものはサクサクと利食いを心がけたい。

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役