マーケット

ドル円は上値が重たく、戻り売り優勢で119.50割れを狙うか?

【著者】

【今夜のトレード戦略】

朝方から120.10まで跳ねて、中国株式堅調を期待した買いが入ったようでしたが期待はずれ。思ったほど上がらなかった印象。香港のHangSengは-169.76 -0.75%とマイナス。

日経平均は10時16分が天井でそこから反落開始。

ドル円は日経平均を眺めながら120.110を高値に反落を始めて、午後4時半には119.626まで下げています。これで120.00が非常に遠くなった印象で119.85-95が重たくなったイメージです。

戻り売りでドル円は119.87-92で売り。ストップは120.15で。

119.50が割れるかどうかはまだ分かりませんが、この流れでロンドンがロンドンの朝方、買い上げて来る動きはないと思います。
まずは119.60が割れるかどうかに注目です。

119.850が重たく、今は119.735まで下がってきました。

119.50が割れた場合には119.30-25ゾーンと119.050がサポート。
抜けて118.68です。
ユーロドルが1.13094まで跳ねて、明らかにドル売り相場となっているので、今晩はちょっとは下値ブレイクを期待したいものです。

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役