マーケット

ドル円は売りから。ユーロドルは戻り売りから参入するイメージ

【著者】

【今夜のトレード戦略】

< ドル円 >

昨晩のNYで113.216まで下落していたドル円でしたが、朝方から実需の買いが出てくる思惑と日経平均株価が10時過ぎまで大きく上げ続けたことから、東京オープン直後の113.408から113.891まで堅調推移となりました。下げても113.70が割れず、カウンター気味にショートを振ったインターバンクは113.90からストップロスをかけて損切りで114.00台に突入。

レベル感からショート振りしても下がらずに午後2時過ぎに114.240、その後下げても114.050が割れず午後3時半に高値114.270までタッチしました。

しかし欧州から利食い売りが持ち込まれたり、午後5時からポンド円が大きく売り込まれるなど、クロス円も全般的に弱含みとなってドル円は114.20を天井に113.825まで下落しています。
明らかに114円台の滞空時間が長かったためロングが出来ていそうなこと、また、センチメントが俄かドルブルとなった面もあり売りたかった人が待ってしまったため、売りそびれており、戻ればドル売りが出て来そうです。

113.960、114.030で売りから。 ストップは114.310で。
利食いは113.750、113.680で

もう113.960が成立しました!

< Eur Usd >

ユーロドルは戻したら、素直にユーロを売るイメージでドル買いを見込みます。
1.0900が重たい相場で1.0885-95が重たく感じられ、昨晩は1.08820の指値売りが付かず1.08750から1.0826まで惜しくも下落した相場でした。
本日は1.08870で売りを置きます。
ストップは1.09230に置き、1.08280でしっかりと利食いする方針です。

3月3日 18:05  Tokyo Time

Dollar/Yen  113.965-968 
Eur/Dollar 1.08684-689

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役