マーケット

ショートの損切りと新規売りとが真っ向勝負!?

【著者】

【今夜のトレード戦略】

ドル円戻り売りなら充分に引きつけて。119.68-73まで待ちたい。

119.50割れを3度目のトライで119.49も潰して119.428まで売りこんだが、一旦ショートカバーで19.526まで持ち上げられて再度売りこんで攻めるも119.438で止められて119.559まで反発。

明らかにショート勢の損切り。

119.526まで戻された後、再び売り込んで安値が更新されない展開(119.438、さっきは119.428)ではショート勢が確実に腐ります。
やる気が萎えたときに戻り高値を越されると(119.53越え)アウトになる確率が飛躍的に高まるんです。

これでもう一回売りこんでも119.50が割れないようなら、大きく巻き戻す可能性が高いので売りは充分引きつけたほうがよさそうです。

どこで損切りの買い戻しと119.50台の新規売りが拮抗するか。
119.57-58まで持ち上げるか?
119.40台でのシコリの大きさにかかっていると思っています。

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役