マーケット

NYで再度下攻め、118.00が割れるかどうか。レベル感で買い下がりは危険!

【著者】

【今夜のトレード戦略】

昨晩の安値は118.61だったが、118.60のサポートを崩すのは時間の問題と言うイメージだった。とにかくドル売りをしなくては・・と考えていた。
118.80-85かまたは119.00-05で売らせてくれるんだろうか?というのが朝の第一印象。

しかし予想に反して、朝方から日本の機関投資家(たぶん年金)が買い上げて119.168まで買い、さらに午前中は下がればなんだか買いが湧く展開が続き高値は119.168!

これでイメージをかなり狂わされましたが、買いが強かったのは午前中だけで午後2時以降、118.90が割れてそのまま戻らず午後4時からは一気に118.70が割れて118.500、118.300と並んでいたストップを引っかけて118.102まで急落でした。

118.497と118.50手前まではショートの買い戻しと突っ込み売りの損切りで戻しましたが、もう一回欧州勢中心に戻り売りとなっています。
NYでも118.00割れを狙って売ってくる可能性が高いと考えています。

118.500、118.650で売り。
ストップは118.850利食いは118.000割れ、117.850でイメージ。
レベル感で買い下がりは危険。

今までのレンジが下に抜けて、これから新規のレンジを作成する流れとなると思われる。
相場はまだ若いため、安易な買い下がりは非常に危険と考えている。

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役