ドル円は引き付けて戻り売りで

【著者】

【今夜のトレード戦略】

 
先週金曜日のNY時間、120円台半ばで揉み合いとなって120.79(80手前)の重たさを強く印象づけた値動きだったことからドル円は本日シドニー時間で下窓を開けてスタート。
戻りも120.575を高値に120.60台に戻れない展開が続いていました。

朝方のイメージは戻り売りで、できれば120.65-75で売りたいと思いましたが、全く戻りがなく120.575が精いっぱいでした。

昼時間に日経平均株価が急落しドル円も120.257まで下落したが、12:47に18641.22で日経平均株価が下げ止まり、反転したことでドル円もほぼ同じタイミングで切り返しました。午後6時現在120.698まで反発しています。

しかしながら121円台まで上がるイメージがないため、引き付けて戻り売りで。
120.65-75で売りたい。ストップは121.050で。
利食いを120.350~250でイメージ。120.200以下では120.000にかけて一回目の押しは新規買いしてみるイメージで見ています。

11月03日
Tokyo 18:31    120.544-547

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役