マーケット

ドル円はアジア市場でショートに傾き、ショートカバーでジリ高推移継続か?

【著者】

朝方から123.20台が重たく方向的には売りから入りたいような相場に見えた。
8時半ぐらいに123.18-19から売りが強まり9時前に既に123.05タッチ。その後仲値後も売りが強く、午前11時半ぐらいには122.74まで売り込む展開となっていました。

この動きで戻り売り意欲が強いアジア市場となって122.95-122.83、122.95-122.85、122.95-85と大きく見て3回戻り売りをアジア勢は行っている。しかし、下がりきらず。午後3時以降 早出の欧州勢がユーロ売りドル買いを仕掛け、ドル円もジワジワと上昇し、123.040まで現状タッチしている。

【今夜のトレード戦略】

 
市場がやはり短期投機筋がショートになってしまいショートカバー圧力が強そうな展開。
売りは引き付けるべき。

122.95割れ、122.85にかけてもし押しがあったらドル円は買いで。
122.950、122.850でドル買い。ストップは122.650、利食いは123.250、123.350で。

< Eur Usd >

ユーロドルは1.07736高値から反落。戻り売りが強く現状は1.07352まで下がってきました。昨日1.0674安値まで下げていたので、ちょうど100ピップス戻した形となってショートカバーは終了。もう一回1.07割れまで攻め込めるかどうか確認する動きが強まると思います。

上値が重たく戻り売り回転。
引きつけて1.0755-60で売って1.0705-10以下は利食い千人力。

16:24 in Tokyo Time

Dollar/Yen 123.045-048 
Eur/Dollar 1.07356-361

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役