マーケット

ドル円は跳ねたら売る程度。ユーロドルは戻り売りを狙いたい!

【著者】

【今夜のトレード戦略】

 
122.622でNYで底打ちして上がってきたが、123.00には回復できず122.86でNYはクローズ。その後123.00手前で神経質に揉んでいましたが、午前10時に123.00を突破し123.053へ。
123円台はロングの解き売りが強いのか戻り売りがとても強く、午後3時過ぎに122.746アジア安値まで下落。ただし欧州が出てきてからドル買い(ユーロ売り)に動き、ドル円も123.022まで上がるなど方向感が全くない展開となりました。

< ドル円 >

イメージがあまりなく、123.15-20だったら売ってみるか程度。
123.55でストップ、利食いは122.70-65で。
122円台を売り下がるようなイメージは全くなく、123.15-20で売ってもショートはしっかりと買い戻しするイメージです。

< ユーロドル >

ユーロドルは1.0740が重たく、朝10時~午後3時までは3回1.0710で下値を止めていましたが、午後4時に1.0710が割れ、1.0700も割れて1.06801までタッチ。
考えていたよりもユーロ売りが強いです。

1.07050-1.07000近辺でユーロ売りで参入。ストップは1.07300に置きながら、1.06250-150で利食い買い戻し。

17:27 in Tokyo Time

Dollar/Yen 122.954-957 
Eur/Dollar 1.067556-761

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役