充分引き付けてドル円は戻り売り、ユーロドルは押し目買い。ただし早回し

【著者】

イベントリスクは避ける!!

【今夜のトレード戦略】

< ドル円 >

朝方からドル円は戻り売りと信じ込んで、122.850で売りを置いたのですが、すぐに成立したため(高値122.853)一旦利食いして、また同じところに売りを指したのですが、二度と付かずに反落。

そのまま122.478まで下がったものの、午後からユーロドルが反落を開始したため、ドル円はジリ高となって現状122.788まで上がってきています。

ドル円は引き付けて123.00に近いところを売る方向ですが、今日は米雇用統計の発表があり、イベントリスクを避けるためスクエアで参入したいので、今から売れても早回しで対応する方針です。

122.930でドル売り、ストップは123.200で。利食いは122.450~350でイメージ。

< ユーロドル >

 
何と1.07台ミドルどころか1.09810まで吹き上がったユーロドル。期待していたよりも金融緩和がなされなかったと捉えたか、または材料出尽くしととったか(私です)。
とにかく市場で失望のユーロ買い戻しが出て、次々とストップを引っかけて爆上げしました。当然相当な怪我人が出たと思います。1.0900が午前中は堅かったでしたが、午後4時過ぎ1.0900が割れて下落をはじめ今は1.08650まで下がるなど、もう一回ユーロ売りを構築しているのか、または高値で捕まったドルロングを投げているのか。

どちらにしてもあまり売りたくはないが、買いも1.0850で買っても1.08250でストップ、利食いも浅く1.08950でイメージしたい。

17:20 in Tokyo Time

Dollar/Yen 122.752-755
Eur/Dollar 1.08734-739

【注目!】2015年12月4日(金)22:00~22:40雇用統計Live!

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役