マーケット

ドル円は戻り売り。ユーロドルは押し目買い

【著者】

【今夜のトレード戦略】

< ドル円 >

朝方からドル円は123.15-20から上で売りたかったのだが、まったく上がるチャンスがなく午前8時前に122.839へ。仲値後に戻しても123.05に届かずその後日経平均株価の下落を背景に122.75レベルへ下落。
昼のショートカバーも122.85には戻れず午後2時半前に122.639へ下落しました。122.77台まで巻き戻した後、再び122.641まで緩みましたが、ユーロ円の買いに支えられてドル円は122.839まで買いが入っています。

123円台の重たさが目立ちます。
FOMCで米国の利上げはまず間違いないと考えられており、しかも利上げはゆっくりで次回利上げのコンセンサスは3月です。
したがってクリスマス前、FOMC前に材料出尽くしでドルが売られる可能性が高いとイメージしています。

FOMCでSell the fact となる前にポジションを手仕舞いする連中も増えると思われることから123.15-20で戻り売りのイメージ。
ストップは123.500、利食いは122.350で。

< ユーロドル >

まだマーケットでユーロドルはショートで捕まっているため、下がれば買いが出てくると判断。
1.08900~1.08800で押し目買いで参入する方針。
利食いは1.0935-45で。ストップは1.08300で。

17:59 in Tokyo Time

Dollar/Yen 122.759-762
Eur/Dollar 1.09205-210

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役