ドル円イメージは戻り売り。ユーロドルも戻り売りで

【著者】

【今夜のトレード戦略】

< ドル円 >

昨日海外時間に118.80まで下落後、戻しても119.27と非常に戻りも鈍くクロス円の下落が重たくドル円にのしかかっていたと思います。東京に戻してからも朝方から119.15から上が重たく、午前10時過ぎ、人民元の対ドル基準値が1ドル=6.5314元に決定されて昨日の1ドル=6.5169元から見て大きく元安に決まったことで、中国の景気減速の思惑=資源国通貨売り=リスクオフで、ドル円が行きなり売られて、119.12レベルから118.35まで急落し昨晩の安値を大きく更新しました。
同時刻に日経平均も大きく売り込まれ余計ドル円を重たくしました。

その後市場で「実需のドル買い」対「投機筋のドル売り」がぶつかって、ショートとなったことから118.815まではショートカバーで持ち上がったものの、戻り売りにつぶされて再び118.50が割れています。

118.65-75が重たく戻り売り先行。ストップは119.000に置きながら、利食いは118.35-25ゾーンで。

118.750 売り  118.310 利食い買い戻し  ストップは119.000で。

有効時間【午前0時まで】

< Eur Usd >

ユーロドルはユーロ円の急落で1.0775-80が重たく、午後3時からは1.0750台が既に重たい状況。
1.07550-650で 戻り売りで参入し、ストップは1.07850
利食いは1.07150-050でイメージします。

1.07550 売り 1.07150 利食い買い戻し  ストップは1.07850で。

有効時間【午前0時まで】

1月6日17:55 Tokyo Time

Dollar/Yen 118.558-561
Eur/Dollar 1.07323-328  

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役