マーケット

ドル円は戻り売り。ユーロドルも引きつけて売りから。

【著者】

【今夜のトレード戦略】

(中長期では新レンジ模索?)

<USD JPY> 戻り売り

金曜日の雇用統計の結果を受けて早朝に下窓を開けてドル円が下落するイメージでしたが、106.36安値から朝8時過ぎには106.832まで戻し思った以上に買いが強かったでした。

106.431まで反落し、やっぱり売りだと考えた短期投機筋が戻り売り姿勢を強めましたが、ここで106.85以下で市場がショートになってしまいました。買い方は実需、特に輸入サイドだったと考えています。

売っても下がらず、じりじりと上値追いとなり107.20手前までショートカバー。下がっても106.85が割れなくなって再び107.282と、同時にクロス円のショートカバーも伴った買い上げとなっています。

107.50から上は重たいイメージだし、輸入は今日かなり買ったと思われることから実需の買いが明日以降も継続して出るイメージはありません。

従ってドル円は引き付けて107.550、107.650で戻り売りスタンス。
ストップは107.900、利食いは107.150-050で。

<Eur Dlr>

引き付けて1.13900で売りから1.14250にストップを置きながら 1.13350、1.13250で
買い戻しする売り回転。

6月6日 18:03PM

ドル円  107.234-237
ユーロドル1.13565-569

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役