マーケット

ドル円は戻り売り、ユーロドルはオーダーせず

【著者】

【今夜のトレード戦略】

(中長期では戻り売り方針)

<USD JPY>

FOMCで市場予想通り利上げはなくドル円は105.41まで下落し、それまでの安値105.55を更新。
引けにかけて106.134まで戻る場面もありましたが、戻り上値は重たく106.00を割り込んでから106円には戻れない展開が続きました。

105.50、105.41が割れて安値更新したあとで日銀の現状維持が伝わり、海外ファンドの売り仕掛けでに一気に104.50へ。105.00に戻れない展開から104.00割れへ。激しい揉み合いから103.550まで下落し大きく安値更新いたしました。

けん制発言はあったものの、介入は厳しくまだ戻り売りが強い展開が続きそうです。

104.900、105.250は重たそう。105.550にストップを置いて103.750、103.600でドルを買い戻す回転をイメージ。

<Eur Dlr>

これから6月23日までイベントリスクを避けるため、オーバーナイトオーダーは置きません。

6月16日  18:13PM

ドル円   104.313-316
ユーロドル 1.12548-552

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役