マーケット

ドル円離れた水準に戻り売り。ユーロドルはオーダーせず

【著者】

【今夜のトレード戦略】

(中長期では戻り売り方針)

<USD JPY>

YouGovの残留52離脱48の発表で市場はポンドを買ったものの、今一つ伸び切らず。さらに、離脱支持が6%優勢と伝えられていたサンダーランドで、離脱派がなんと22%もの大差を付けました。これは驚きです。

YouGovがスカイニュースで残留派勝利、更に離脱派敗北宣言が出ていたため、これでカウンターパンチとなってポンドが暴落。
これはないでしょう・・・・・。
その後、BBCが離脱52、残留48と流してYouGovと真逆の結果!

ポンドは暴落、ドル円も99円ちょうどをタッチしています。

英国政府の依頼があれば協調介入があるのかどうか。現時点では私は懐疑的です。
G7が為替安定に向けて高官の電話協議に入る方向で調整に入ったとのこと。

103.650で ドル円売り ストップは104.150で。
利食いは102.150で。

<Eur Dlr>

オーバーナイトオーダーは置きません。

6月24日  18:50PM

ドル円   103.044-055
ユーロドル 1.11276-283

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役