マーケット

ドル円は戻り売り。ユーロドルは押し目買いで

【著者】

【今夜のトレード戦略】

<USD JPY>

NYが引けてから朝方こそ一回101.80を割って101.764まで売り込みましたが、その後は全く下がらず101.90も割れない状態で横ばい推移。上値も102.20を基本超えない展開で、実質はわずか101.95~102.15の20銭レンジ。

月曜日にはまだお盆休みのところと、もうお休みが終わったところがあるでしょうが、102.60から上に売りオーダーを置いたところは全く付いておらず、月曜日に102円台前半だったら多少カバーで売ってくる可能性があるかもしれません。

又月曜日は15日で米債の利金が入ってくるので、日本の機関投資家などはドル建ての利金を円転するためにドル売りすることとなります。その分も含め、ドルの上値が来週も重たくなるイメージです。米国時間の月曜に入金されるので、確認は火曜でしょうから、それから円転する動きになります。予約を使うケースもあるかもしれませんが、基本は月曜日に為替を押さえるケースが多いのではないかと思います。

ファンダメンタルズ的に見ると米国の独り勝ち。米債の利回りが上昇、米株式も高値を揃って更新している状況では、暴落につながるようなドル売りが今のタイミングで出るとも思えず上値が重たいながらもレンジ予想。
その中で慎重に売りから参入することは変わりません。

市場ポジションがまだショートに傾いていて、102.25越えからストップがある可能性もあるので(実需の売りは102.55-60から上のイメージ)ストップが引っかかったら届くかどうかという微妙な102.470で売り指値。ストップは102.850、利食いは101.850に置いてみます。

<Eur Dlr>

今晩は1.11200で 押し目買い。1.10950でストップ、1.11750で利食い。

8月12日  18:11PM

ドル円   102.070-073
ユーロドル 1.11518-522

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役