マーケット

ドル円はやるなら押し目買い、ユーロドルはやるなら戻り売り方針

【著者】

<USD JPY>

朝方から激しい下攻めで108.553まで売りこんだとき、突然109.263まで吹き上がる動きに。日銀が国債の「指値オペ」を行う旨、通告。
これに反応して円売りとなってドル円(USD/JPY)が急騰したようでしたが、本来それほど反応すべきものではなかったと思われます。
108.640まで急激に緩み109.212まで吹き上がる乱高下をやって、その後ショートが溜まったことで、じりじりとショートカバー。なんと、午後3時半に109.460までタッチする上げとなりました。109.26-41で1時間以上揉みましたが、欧州勢参入で108.822まで売り込まれています。

109円台ミドルは重たいと思いますが、108円台前半も引き付けて買いから入ってみたく、深いところに指値買いを置いておきます。
買うは108.250でストップは107.900で。
利食いは108.700でイメージします。

<Eur Dlr>

戻りの1.07850-900は重たくなっていると思います。
引き付けて1.07900で売りから。
ストップは1.08200で。利食いは1.07150で。

11月17日  18:01PM

ドル円   108.913-916
ユーロドル 1.07321-325

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役