ドル円は引き付けて戻り売り。ユーロドルは押し目買いで。

【著者】

<USD JPY>

北朝鮮の水爆実験のニュースで月曜日の早朝、どこまで円高が進むか注目されたが安値は109.23まで。その後は買い戻しが相次ぎ109.936まで午前9時半に上昇。そのあとは109.684-837のわずか15銭幅の取引が5時間も続きました。

午後3時から欧州勢が出てくる時間帯に「北朝鮮が弾道ミサイル発射準備活動の兆候、ICBMの可能性とニュースが流れて109.384まで円高が進みましたが、今は109.50前後で揉み合いとなっています。

北朝鮮の地政学的なリスクでどうしてもドル買いしにくく、市場はショートに傾くためポジションが溜まればショートカバーする可能性が高いです。

また米国が予防的戦闘に踏み切ればソウルが火の海、日本への攻撃も高い状況の中、はたして米国が先制攻撃出来るのか。北朝鮮も自分が先制攻撃すれば、国は消滅するのは明らかで、はたしてそんなことを行うのか。

抑止力がすべてという状況では、にらみ合いの中出来たショートが買い戻しせざるを得なくなる展開になりかねず、買いも売りも出来ない奇妙な膠着が続きそうな感じです。

ドル売りは109.950で。
ストップは110.300、利食いは109.350で。

<Eur Dlr>

1.18600でユーロ買い。ストップは1.18250で。利食いは1.19650で。

9月4日
17:03 

ドル円   109.459-462
ユーロドル 1.18948-952

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役