週末北朝鮮リスクを避けるため、週末越えの指値は置きません。

【著者】

<USD JPY>

朝方から上値108.50から上で売りたいとイメージしましたが、先に108.137まで突っ込む展開に。仲値前に買い戻しが強まり仲値を過ぎても下がらず10時半過ぎに108.487をタッチ。

しかしこれがアジア高値となってその後はずるずると戻り売りに押されて下値を攻める展開が続きました。108.05近辺で2回跳ね返しましたが、戻りは108.25近辺が非常に重たく、3度目の正直で午後2時過ぎに一気に108.00を粉砕。

108.00割れではストップがあったようでそのまま107.628まで売りこんで安値を更新。
107.836まで戻った後、107.615へ。107.867まで戻す場面もありましたが午後4時過ぎに107.591売りまで下がる展開となっています。

今は107.795まで戻ったものの、107.800台は擦りませんでした。
今も戻りは非常に重たい展開が続いています。

明日9月9日は北朝鮮の建国記念日でまたミサイルを撃つことが予想されていますが何もないようだと売りこんだ分の買い戻しが入る可能性があります。

もしミサイルを発射してそれが東京上空を通過でもしようものなら、月曜日早朝から薄い中でドル売りで突っ込んでその後ドルの買い戻しが入り、上下乱高下をやる可能性も出てきます。

週末の北朝鮮リスクを避けるため、週末越えの指値は置かないこととします。

<Eur Dlr>

週末の北朝鮮リスクを避けるため、週末越えの指値は置かないこととします。

9月8日
18:10

ドル円   107.650-653
ユーロドル 1.20470-474

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」
新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役