ドル円は深い押し目買い。ユーロドルは引き付けて戻り売り

朝方は112.75を中心として揉み合いでしたが、8時半から9時半にかけて突然買いが強くなって本日高値112.918をタッチ。しかし、仲値決定時間まで留まることが出来ず崩れて10時過ぎに112.602まで反落しました。

この後、相場は完全に止まってしまい112.72~78の極めて狭いレンジで4時間以上推移。
112.700割れまでは下がらず、午後3時過ぎに112.842まで上がっても、留まることが出来ず、その後ポンドの下落に端を発したポンド円売りの影響から112.618まで下落。
ただし、112.70まで一旦戻して今は112.65近辺で止まっています。

明日の雇用統計を前に市場では方向感が掴みにくく、積極的に売買を手掛ける向きがおらず閑散な取引が続いています。もし大きく下がるのだったら112.150で買い、ストップは111.850で、利食いは112.750でイメージしたいです。

<USD JPY>

深い押し目買い。
112.150、ストップは111.850で。
利食いは112.750で。

EUr Dlr>

1.18180でユーロ売りから。
ストップは1.18500に置きながら、1.17350で利食いする回転をイメージ。

10月5日
16:44 

ドル円   112.649-652
ユーロドル 1.17728-732

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役