予想・見通し

イベントリスクを避けて今晩は指し値は置かず

【著者】

昨晩の指値売りが付いていて、一回ナンピンしてコストまで下がらなくてもあと2~3銭下がったら微損で損切りしようと思いながら相場を見ていましたが、ここで切らなかったのが運の尽き。

ちょっと売り上がってみましたが、落ちてきそうになく損切りしましたが、最初に切ったら-10銭で済んだものが-35.2銭にも損失が膨らみ深く反省いたしました。
朝からイケてない展開!

その後113.20を越えてそのままジリ高に推移し午後5時過ぎには113.50も越えて高値は113.589までタッチ。
明らかに昨晩からキャリーされたショートポジション、ならびに今日午前中に売った分の損切り買い戻しが雇用統計発表前に出てきた感じです。
夕方までにスキャルでコツコツ取り返しわずかですがプラ転しています。

今晩は雇用統計で良かった場合には114.00を目指し、悪ければ113.00-05、割れて112.80を触るかどうか。しかし下げてもゆっくりと戻してきそうな感じに見えます。
来週以降の米財政改革の進展を期待したドル買いが下値では待ち構えている感じなのかもしれません。

<USD JPY>

イベントリスクを避けて今晩は指し値は置かず。

<Eur Dlr>

イベントリスクを避けて今晩は指し値は置かず。

12月08日

18:09 
ドル円   113.485-488
ユーロドル 1.17453-457

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役