ドル円は引き付けて戻り売り、ユーロドルは押し目買いで

【著者】

朝からドル円ショートカバー気味に推移。106.15が底固く106.386までタッチ。反落しても106.25が今度は固く、昨晩の海外時間に出来たドル円のショートポジションが市場に残っていて買い戻しをかけたがっていた感じでした。

106.40を超えて損切りが出て106.462まで跳ねましたが、これが高値。106.45越えはこの一回だけで106.40台は非常に重たくなりました。
印象では、本邦実需(輸出企業)が先物をカバーしているような売りではなかったかと感じました。
午後1時から売りが強まって106.35が割れて、逆にロングが途中から切らされる動きに。
先ほど105.957と安値を更新しています。

<USD JPY> 引き付けて戻り売り

上値が重たく引きつけて戻り売り。
106.180で売り、ストップは106.500で、利食いは105.650で。

EUr Dlr> 押し目買い

1.23050でユーロドルを買いから。
ストップは1.22700で。利食いは1.23750で考えます。

3月6日
18:56

ドル円   105.971-974
ユーロドル 1.23405-409

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役