ドル円は引き付けて戻り売り。ユーロドルは押し目買いで。

【著者】

昨晩ドル円はLN市場で105.86、NY市場で105.91で支えられて106.11引け。
確かに106.50にはアジア、LNで届かなかったものの、下値も固く106.00を挟んでレンジだなと思われましたが・・・。

まさかのコーン米国家経済会議委員長が辞任したとのニュースが飛び込んできて、ドル円は一気に106.17レベルから下落し安値は105.47へ。戻りも105.644で止められて再び105.50割れで105.457まで下落しました。

トランプ米政権の経済政策の司令塔とされていたコーン米国家経済会議委員長辞任の影響は大きく、これは通商政策を巡る大統領との溝が埋まらなかった事を示唆しており、簡単にNAFTAが米国寄りで決着するとも思えず鉄鋼・アルミ輸入関税が実施される可能性が非常に高くなったと考えざるをえないです。

また今晩のNYカットで105.50オプションが期日を迎えるので105.50割れでのドル買い意欲が無くなる可能性に注意が必要だと考えています。

<USD JPY> 引き付けて戻り売り

上値が重たく引きつけて戻り売り。105.950で売り、ストップは
106.250で、利食いは104.850で。

EUr Dlr> 押し目買い。

1.23750でユーロドルを買いから。ストップは1.23400で。
利食いは1.24700で考えます。

3月7日
19:30

ドル円   105.652-655
ユーロドル 1.24310-314

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役