今晩は米雇用統計のイベントリスクを避けて、指値せず。

本日日本時間午後1時に米国と中国が正式に報復関税を発動しました。
直後に何の発表も出ず110.722まで跳ねましたが、その後一旦は110.595まで下げる展開に。
しかしじりじりと上値追いとなって110.776、110.785、110.774と3回、上攻め。
ただし110.80には届かずに揉み合いとなって次第に下値を切り下げる展開に。

110.65割れ、110.60割れから俄かロングの投げも出て110.529へ。
ただし110円台前半は以下 109円台後半は買い意欲しっかりと考えます。

21日移動平均線 110.318
200日移動平均線110.151 にあり、それぞれがサポート。

今晩は米雇用統計のイベントリスクを避けて、指値せず。

<USD JPY> 雇用統計イベントリスク回避で指値せず。

イベントリスク回避で指値はしません。

EUr Dlr> 雇用統計イベントリスク回避で指値せず。

イベントリスク回避で指値はしません。

7月6日

ドル円   110.596-599
ユーロドル 1.17142-145

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役