今晩はドル円引き付けて押し目買い。ユーロドルも押し目買いで。

【著者】

市場が気にしていた日銀の金融政策決定会合。
午前11時半を回って今か今かと待っていても出て来ず午後1時を過ぎてしまいました。
発表が遅いケースでは金融政策の変更が行われる可能性が高いとマーケットは判っており、
111円台から110.80まで先に仕掛ける連中もいましたが、出てきた内容は
「マイナス金利を-0.1%に維持」マイナス金利適用の政策金利残高を5兆円程度に減少「長期金利目標「ゼロ%程度」の維持決定、対応は柔軟化、上下にある程度変動しうるものと明記。
黒田総裁会見より0±0.2%となる模様。
「ETF買入を柔軟化、年間約6兆円は維持 TOPIX連動の比率拡大」
「政策金利のフォワードガイダンスを導入」
「長期国債買入ペースの年間80兆円めどを維持」

引き締めの意図はなく金融緩和を長く継続させるためのものと受け取りました。

政策金利は低くとどまるとの「意図」を市場に広く周知させた内容でした。
本来内容としてはドル買い円売りが進む内容ではありませんが一部金融緩和縮小を期待して振ったドルショート
海外勢が金融緩和縮小と受け取ると期待して売り上がったショートが取り残されているためすぐには下がりにくくなった可能性があり、今晩のNYの反応はとても大事です。

<USD JPY> 深い押し目買い

引き付けて111.050で新規買い。ストップは110.700で。利食いは111.700で。

EUr Dlr> 押し目買い

引き付けて1.16750で新規買い。ストップは1.16450に置きながら利食いは1.17650で行うイメージ。

7月31日 19:28

ドル円   111.508-511
ユーロドル 1.17237-241

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役