ドル円は引き付けて押し目買い。ユーロドルは戻り売りで。

【著者】

今朝はNY市場の流れから上値が重たい動きでオセアニアがスタート。
113.69を高値に東京オープンが113.57で113.52まで10時半前に下げていました。
113.50が割れてくるとストップと買いオーダーが混在する水準に突入しますが、引きつけて113.20‐17のサポートをバックに買ってみようと考えていました。
113.56の下を市場は何回もこつんこつんと売っていましたが、本格的に113.50を潰しに行く展開ではなく小康状態。
誰かが攻めに行ったら自分も・・・というインターバンクの雰囲気・心情ではなかったかと思います。

しかし・・・10時57分過ぎからユーロドルが爆上げ!連れてユーロ円が吹き上がってドル円も大きく上昇。
これでその他のクロス円全部がショートカバーとなってあれよあれよという間に市場の景色・風景がまるっきり違ってしまいました。

ドル円は113.605から113.83へ。
ユーロドルは1.1544から1.15936へ・・・・。55ピップスの上昇。
ユーロ円は131.15から131.976となんと約82銭も急騰しました。
ポンド円も147.43から148.012と約58銭上昇です。

最初なんでこんなに大きく上がっているのかよく判らず、私もツイッターで探してその理由が判りました。
イタリア紙「コリエーレ・デラ・セラ」が2021年にイタリアが財政赤字の目標を対GDP比で2%を目指すという報道をしており、
2.4%という数字で市場が認識していたため、これを好感してユーロの大きなショートカバーが起きたためでした。

クロス円、特にユーロ円とユーロドルのショートがかなり溜まっていたところに、ユーロに対する好材料が出てきて
一気にユーロの買い戻し・ショートカバーの材料にされたものと思います。
一気にここまで上がられてしまい、ショート勢は切る暇が無く、ショートが取り残されてしまったため下値が固く、
それ以降ショートカバースタート地点までは全く下がらなくなってしまいました。

114円台が重たかった事がはっきりしているため、慌ててドル円・クロス円を損切りで大きく買い上がる動きは出ないものの、下がって来ず、
まだショートが買い戻ししたがっている市場に見えています。

<USD JPY> 押し目買い。

引きつけて113.550でドル買い。ストップは113.150で。
利食いは113.950でイメージ。

EUr Dlr> 戻り売り

引きつけて1.15980でユーロ売り。ストップは1.16250で。
利食いは1.15250でイメージ。

====================================
ユーロ円・ポンド円は 元々指し値は置きません。

◆ユーロ円 押し目買いイメージ。

131.250買い 131.750利食い 130.900割れは損切り売りイメージ。
131.602-607

◆ポンド円 戻り売りイメージ。

148.350売り 147.400利食い 148.700越えは損切り買いイメージ。
147.863-873

10月3日 19:39

ドル円   113.846-849
ユーロドル 1.15584-588

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役