ドル円は様子見。ユーロドルも様子見で。

ついにEUの方針が決定され、ブレグジットは来週の英議会の採決で
『合意なき離脱』か『メイ首相とEUが合意した離脱案』かの二択となりました。
常識的にはメイ首相案が採択されると考えられるのですが・・・
そこは英国人。
EUに押し切られた、自分たちが2回も否決した案を採決で選ぶんでしょうか?
3度目の否決は『合意なき離脱』になります。週末の発言にも充分注意
すべきと考えており、イベントリスクは取らず指値は置きません。

皆様、良い週末を!

<USD JPY>  様子見

ポンドがブレグジットがらみで大きく動く可能性があるため、
ドル円も指値は置きません。

<Eur Dlr>  様子見

ポンドがブレグジットがらみで大きく動く可能性があるため、
ユーロドルも指値は置きません。

=============================
ユーロ円・ポンド円は 元々指し値は置きません。

ユーロ円 様子見

英国で採決に関する発言、特に合意なき離脱に繋がる発言・ニュースには注意。

◆ポンド円 様子見

英国で採決に関する発言、特に合意なき離脱に繋がる発言・ニュースには注意。

3月22日 20:00

ドル円   110.457-460
ユーロドル 1.13085-089

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役