今晩は英国下院で3度目の採決。可決ならポンドが大きく戻るか?

ドル円は110.534を9時過ぎに付けてから上値が重たそうに見えていましたが、
期末仲値が大幅に不足だったみたいで、
いきなり9時40分過ぎから買いがスタート。
仲値決定直前には110.929まで吹き上がって仲値が決まる
期末のドル買い相場となりました。
ただし仲値が決まってからは逆に上値が重たくなって
午後4時半ぐらいには110.553まで反落しています。
戻りは110.85まで戻れず今は110.75近辺で止まっています。

英下院の3度目の採決実施のためイベントリスクを取らず様子見します。

<USD JPY>  様子見

英下院の3度目の採決実施のためイベントリスクを取らず様子見します。

EUr Dlr>  様子見

ポンドブレグジットがらみで大きく動く可能性があるため、
ユーロドル指値は置きません。

=============================
ユーロ円・ポンド円は 元々指し値は置きません。

ユーロ円 様子見

英国で採決に関する発言、特に合意なき離脱に繋がる発言・ニュースには注意。

◆ポンド円 様子見

英国で採決に関する発言、特に合意なき離脱に繋がる発言・ニュースには注意。

3月29日
19:33

ドル円   110.759-762
ユーロドル 1.12147-151

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役