今晩のFOMCを前に指値せず。

朝方の108.50割れから仲値前に108.617まで上がりましたが、仲値前から
売りが強く、午前10時半過ぎの108.614を戻り高値としてここからドル円
は崩れる展開となりました。
午前11時前から午後4時まで約5時間ずっと下がり続ける展開で大きな
戻りはありませんでした。欧州勢が参入しアジアの売りを見て、いきなり
買ってきた感じで上に見えていたユーロ円ポンド円のストップを引っ掛けて
108.455まで買い戻されています。

<USD JPY>  指値せず

イベントリスクを避けて指値は置きません。

EUr Dlr>  指値せず

イベントリスクを避けて指値は置きません。

=============================

ユーロ円・ポンド円は 元々指値は置きません。

◆ユーロ円 指値せず

イベントリスクを避けて指値は置きません。
121.428-433

◆ポンド円 指値せず

イベントリスクを避けて指値は置きません。
136.380-390

6月19日
18:15

ドル円   108.426-429
ユーロドル 1.11992-996

【PR】小林芳彦が届ける、為になる「マーケットショットLive!!」

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役