注目のイベントを終えて

【著者】

今週のメイン・イベントとされていました米第1四半期GDP速報値、FOMCが終了しました。米第1四半期速報値は市場予想の+1.0%を下回る+0.2%(前期比年率)であったことはご承知の通りです。
このところの経済指標が軒並み弱かったこと、さらにはドル高の影響を受け今週初めから予想値を下方修正するところが多かったせいか、発表後のドル売りも118円台ミドルまでと影響は限定的。
寒波・西海岸の港湾ストによる影響で第1四半期の成長率は弱まるとFRBメンバーからの発言も相次いでいたこともあり、市場の視線はある程度下に対する心構えが出来ていたと言えそうです。

昨年も第1四半期GDPは悪かった!

そしてそのFRBメンバーは第2四半期からの米経済成長が回復すると予想する声が伝わっています。覚えていらっしゃいますでしょうか?昨年のGDP推移を。下記チャートをご覧ください。

<資料1>米GDP(前期比年率)の推移
米国GDP
出所:Bloomberg 単位:%

昨年第1四半期はマイナス成長(寒波による影響)、その後第2・第3四半期は速報値→改定値→確報値と上方修正が続きました。今年も去年の再来となる可能性は十分にあると考えています。その辺りがFOMC声明文にて「6月の利上げを排除せず」との文言にもつながったのではないでしょうか。

個人的には利上げの後ズレは高いコストを支払う結果(副作用)にもつながりかねないと危惧しており、6月に小幅利上げ(これまでの半分程度の0.125%の利上げ、その後様子見)に踏み切るのでは?とのシナリオを変えておりません。

「全国セミナープロジェクト2015」名古屋セミナー(5/9)
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2471
※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 「ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」(毎週金15:10~16:00)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 チーフアナリスト|津田隆光様ご寄稿記事
bn_350_80

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!