マーケット

小粒揃いのラインナップもイベント前で複雑な動き?

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/21

昨日は欧州時間に公表されたBOEのMPC議事録で利上げに投票した委員が2名出たことから欧州時間にはポンドの強さが目立つ展開となりました。
米国時間には注目のFOMC議事録が公表され利上げ開始時期に関して、これまでの想定よりも早めるべきかについての議論が行われていたことからドル買いが強まる動きとなりました。ドル円は103円台後半へ、ユーロドルは1.32中盤まで押し込まれる動きとなりました。欧州時間に底堅さをみせたポンドも失速となり1.66を割り込んでの推移となっています。
米国株式市場は上値の重くなる場面も見られましたが踏ん張り堅調地合を維持、米国債利回りもジワリと上昇の動きとなっています。

スクリーンショット-2014-08-21-9.24.32

【主要通貨ペアの推移】

ドル円はとうとう強力なレジスタンスラインを突破となりました。アジア時間に103円台を回復した後、伸び悩む場面も見られましたがFOMC議事録を受け再上昇となりました。本日は明日にジャクソンホールでのイエレン議長の講演が控えているということもあり様子見モードが強まる可能性もあります。ただし、一回で突破できるとは思えませんが、4月のレジスタンスでもありオプションも観測されている104.00を上抜けると長らく続いたレンジ突破であることから、もう一段の上昇余地も生まれると考えられます。

スクリーンショット-2014-08-21-9.16.35

ユーロドルは欧州時間にはBOE議事録を受けたユーロポンドからのユーロ売りに叩かれ、米国時間にはFOMC議事録により再度下落となり1.32中盤まで下値を切り下げています。本日は欧州時間にユーロ圏各国のPMIの速報値の発表が予定されています。注意しなければならないのは売りが溜まっている状態で、ウクライナ情勢などもあり控えめな予想となっている同指標が、思いのほか強い結果が続くようなことになると恒例のショートスクイーズ状態となる可能性があるということです。逆に想定以上に弱く50を下回るような数字が続出するようだと更なるユーロの下押し圧力となる可能性も浮上します。

スクリーンショット-2014-08-21-9.17.20

ユーロ円はドル円に支えられ底堅い推移となっています。137円台をしっかりと守り137円台後半での推移となりかつてのサポートラインである137.7付近での推移となっています。このゾーンをしっかりと上抜け138円台を回復できると日足チャートではダブルボトムのネックライン上抜けとなり更なる上昇余地が生まれると考えられます。

スクリーンショット-2014-08-21-9.17.00

ポンドドルは忙しい一日となりました。BOEのMPC議事録を受けて上昇を強めたものの、米国時間には失速、FOMC議事録を受けて更に下落となり結局終わってみれば長い上ヒゲをつけた陰線となりとうとう1.66を割り込むところまで押し込まれています。サポートの目処としては4月4日のサポート1.655、3月24日のサポート1.646などが意識されると思われます。
また欧州時間には小売売上が発表されることから結果次第では大きく上下に振れる可能性があるため注意が必要です。

スクリーンショット-2014-08-21-9.18.40

豪ドルは上値の重い推移が続き、0.93を再び割り込む推移となった後、先ほど発表された中国の製造業PMIが市場予想以上に低下していたことから0.925を割り込むところまで下値を切り下げています。8月8日のサポートである0.924付近をしっかりと割り込むと強力なサポートである0.92トライが見えてきます。0.92を割り込むと大幅下落の可能性が高まることから守れるかどうかをしっかりと確認したいところです。

スクリーンショット-2014-08-21-10.49.26

【本日の注目材料】

本日は欧州時間にユーロ圏各国のPMI速報値、英国小売売上、米国時間には製造業PMI、フィラデルフィア連銀製造業指数、新規失業保険申請件数中古住宅販売件数と小粒揃いのラインナップとなっています。また、本日から注目のジャクソンホールのシンポジウムが開催されます。メインは明日以降ですが、様々な思惑が交差し、また事前にポジション調整も行われる可能性もあることから、読みにくい展開となることが予想されます。

【本日の予定】

08:50 日 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:45 中国8月HSBC製造業PMI(速報値)
16:00 仏8月製造業PMI/サービス業PMI(速報値)
16:30 独8月製造業/サービス業PMI(速報値)
17:00 ユーロ圏8月総合/製造業/サービス業PMI(速報値)
17:30 英7月小売売上高
17:30 英7月財政収支
21:30 米新規失業保険申請件数
22:45 米8月マークイット製造業PMI(速報値)
23:00 米8月フィラデルフィア連銀製造業指数
23:00 米7月中古住宅販売件数
23:00 米7月景気先行指数
23:00 ユーロ圏8月消費者信頼感(速報値)
翌2:00 米5年物価連動債入札

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
デモトレ大会6回戦

佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト