GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)

【著者】

英語名:GPIF(goverment pension investment fund)
和名(略称):年金積立金管理運用独立行政法人
よみかた:ねんきんつみたてきんかんりうんよう
FX重要度:★★★★☆
よく使われる場面:株式、FX、先物、CFDなど投資全般

基本情報

GPIFとは、厚生労働省所管の独立行政法人。
所在地は東京都千代田区霞が関1-4-1
2013年8月現在の理事長は元日本銀行理事の三谷隆博氏。
前身は年金福祉事業団であり、2001年に年金資産運用基金へ改組。
2006年4月より、現GPIFが設立。
世界最大の年金基金であり、運用資産額は2015年時点で137兆358億円。

運用方式及び実績

GPIFの職員は事務職員であり、資産運用の専門知識を持たないため、
実際の運用は金融機関に委託して行われている。
その運用期間、運用状況などは全て公表されている。
年金積立金は長期にわたって運用されるため、主に長期投資を目的として運用されている。
2007年からの世界的金融危機で、2年間で15兆円以上の損失を出し、世間からの批判が殺到した。
運用の内訳は2014年10月まで国内債券60.14%、国内株式12.92%、外国債券9.82%
短期資産4.23%だったが、これを大きく変更。
国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%と変更した。

2001年から2014年度末までの実績は+35兆4000億円であり、収益率は年率+2.51%。

【年金積立金管理運用独立行政法人HP】
http://www.gpif.go.jp/index.html