マーケット

上昇ピッチが速い

【著者】

外国為替市場情報|2014/04/02

ドル円・クロス円は買いから
ユーロドルは戻り売りとしたが、早回転させる

おはようございます。
ドル円は底固いですね。午後11時の3月ISM製造業景気指数でも予想54.0に対して53.7と悪化だったのに、下攻めは瞬時に終わり103.30にも届かない展開。
その後にLN高値の103.61をタッチしておりそれ以降は103.45すら割れない展開に。
長期金利上昇(安全資産である円の売りが入り、リスクオン。安全資産の代表格の米債が売られて、イールドは上昇する展開)、ならびに米株式も上昇しドルを更に底固くさせて午前3時過ぎには103.71高値をタッチ。前回高値の103.77まであと6銭!今は103.61まで小幅反落していますが、今週雇用統計前には104円には届かないと思っていたのに、早くも水曜日にも(まだ水曜なのに)104円へ行ってしまうのでしょうか・・・・。

ユーロ円も143.07まで吹き上がっていますが、ユーロポンドの買いが入っていた関係で0.8280が突破して更にポンドが弱くユーロ円の上昇幅と比べてポンド円の上昇幅は狭いです。

またAud/Nzdの損切りが1.0700越えで出て、ニュージーが下落。
朝6時以降に付いたことで、NYが引けた直後から下がっています。

ドル円のサポートはISM以降割れなかった103.45、そして昨日の午後から非常に固かった103.20-25ゾーン。米雇用統計に向けて更に上がってしまうのかな?
102円台ミドルでドル円を買えるチャンスがくると思っていたんですが、3月31日の102.79が安値だったんでしょうか?
103.45にかけて押し目買いして回すしか短期は思い付きませんが実需は買えていない場合には103円台前半から102円にかけて指値をずらっと並べるでしょうから、余計下がりにくくなってしまう可能性もあります。

自分が考えていたよりも明らかに上昇ピッチが速いですが、逆張りで売るよりは押しを買う方が明らかに分がありそうです。
本日もよろしくお願いいたします。
ストップは103.20割れで。
下がったら102円台後半にかけて買い直すようなイメージで考えてみたいです。

4月2日 短期売買方針

ドル円 買い
ドル円は103.570、103.470で買いから。
ストップを103.180に置きながら、103.880、103.980で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 103.250(103.450)–(103.850)104.000 
作成時 103.675-679 9:22AM

ユーロドル 売り
ユーロドルは1.38080、1.38180で引き付けて売りから。
ストップを1.38350に置きながら、1.37650以下、1.37500にかけて利食い・買い場を探してみたい。
レンジ 1.37500(1.37650)–(1.38100)1.38250 
作成時 1.37916-923 9:34AM

ユーロ円 買い
ユーロ円は142.720、142.550で引き付けて買いから。
ストップは142.350に置きながら、143.250、143.400で利食いするような買いの回転をイメージしてみたい。
レンジ 142.450(142.700)–(143.300)143.400 
作成時 143.022-031 9:39AM

ポンド 買い
ポンド円は172.170、172.020で買いから。
ストップは171.800に置きながら、172.600、172.700で利食いするような回転を考えています。
レンジ 171.900(172.100)–(172.600)172.750 
作成時 172.444-458 9:55AM

対ドルは1.66430、1.66550で売りから参入する方針。
1.66750にストップを置きながら、1.66000、1.65700で買い戻しを行う方針。
レンジ 1.65700(1.66000)–(1.66450)1.66600 
作成時 1.66251-264 9:43AM

豪ドル 買い
豪ドル円は95.600、95.500で買いから。
ストップは95.300に置きながら、96.150、96.250で利食いする回転をイメージしています。
レンジ 95.400(95.600)–(96.150)96.250 
作成時 95.847-859 10:01AM

対ドルは0.92650、0.92800で売りから参入する方針。
利食い売りで上値が重たく、0.93000にストップを置きながら、0.92200以下0.92100で利食い・買い戻しをイメージしています。
レンジ 0.92100(0.92200)–(0.92650)0.92800 
作成時 0.92359-372 9:44AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は88.900、88.700で買いから。
ストップを88.500に置きながら、89.550、89.700で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 88.650(88.850)–(89.550)89.700 
作成時 89.292-309 10:07AM

対ドルは0.86350、0.86450で売りから参入する方針。
0.86550でストップを置きながら、0.85900、0.85800で利食い買い戻しを行うような売り先行の回転をイメージしています。
ストップは非常に浅く置いています。
レンジ 0.85800(0.85900)–(0.86350) 0.86450
作成時 0.86051-069 9:46AM


新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役