マーケット

ドイツ消費者物価指数は水曜日に発表

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/07/28

ザクセン州分は16時に発表

今週は、米・第2四半期GDP、米・7月雇用統計と重要な指標の発表があります。

それに加えて水曜日には独・7月消費者物価指数(各州、全国)、木曜日にはユーロ圏・7月消費者物価指数の発表があります。

先月もご紹介しましたが、ユーロ圏の消費者物価指数の低迷がECBの追加緩和の大きな原因となっていますので、そのユーロ圏消費者物価指数に大きな影響を与えるドイツの消費者物価指数が注目されています。さらにドイツ全国分の発表よりも4時間早く、先陣を切って発表される事に加え、ユーロ圏の消費者物価指数との相関も高いとされている独ザクセン州の消費者物価指数が注目されています。

前回発表されたザクセン州の消費者物価指数は、前年比+0.9%でしたが、もし低下するようならECBによる早期追加緩和の実施に向けての期待が高まって、ユーロ売りが強まると考えられます。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ


[smartFX-2]

高野やすのり|FXプライムbyGMO

高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト